2留大学生の考えている事

1浪・1留はたくさんいても2留以上は滅多にいない。珍しいこの存在がどんな事を考えているのか。

【発想の転換】ひきこもりが勇気を出して外出する時の移動方法はジョギングしかない

長いので概要だけ掴みたい方は太文字と色文字だけ読んでください

よくある「ジョギングは凄い!ニートもやってみよう!」と言う話ではありません。これは外出する勇気が出ない人は徒歩よりもジョギング移動の方が恐怖感や異物感を無くせると言う事についての記事です。

 

引きこもりは「家族以外の社会との接触が六ヵ月以上無い」が定義なので、散歩や買い物が出来る方も引きこもりに入ります。ですが、今回書きたい事は家から出るのに相当な気合いが必要な引きこもりの方が外に出たいと思った時に読んでほしい記事です。

 

久々に外出しようとしたら気になるポイントは幾つかありますね。

1.まともな服が無い

2.汗と脂で体臭がひどい

3.髪が伸びすぎてひどい

4.目線や手足の動かし方がわからない

5.昔の知り合いに会ったらどうしよう

これを解決できる移動方法はジョギングです。

意味不明に思われるでしょうが以下に理由を挙げていきます

 

1.まともな服が無い

小中学生の頃から10年以上着て黄ばんでヨレヨレのPiko、タウン&カントリー(白黒の勾玉がくっついた陰陽道みたいなデザインの奴)、金色のラメで謎の英語(しかも斜体)が書かれたTシャツしか無いと言う人も多いでしょう。引きこもり以外の方は想像もつかないでしょうがこれはあるあるネタだし、僕も実家で引きこもってた時は中2の頃に買った何回洗っても黄ばんでヨレヨレのTシャツ、上に書いたように金色のラメで謎の英語書かれたTシャツを着てました。さすがにこの服で普通に散歩するのは色々と恥ずかしいですがジョギングならこれを誤魔化せます

ジョギングの時は動きやすくて汚れても良い服で走るなら何もおかしくないです。むしろジョギングに限って言えば

小学生から着ているPikoのTシャツ>>>綺麗なジャケットやシャツ

なので今着ている汚れたTシャツでも問題ありません

 

 

2.汗と脂で体臭がひどい

引きこもるとこの時期でも1週間以上シャワーも浴びないとか普通だし、歯磨きも出来なくなるし、特に布団のシーツは年単位で変えて無くて全体が黄色になってると言うのもよくあります。(実は僕が大学に行ってた時もこの傾向は出ていて初めの1年半程は1度も取り替えませんでした。プロフィール欄にも書いてますが引きこもり現象の間接的な前兆だったと思います)。もちろん毎日のようにシャワーを浴びる方もいるでしょうが、痒さやフケや匂いに耐えられなくて初めて入る方がネットを見る限り多いような気がします。まずはシャワーを浴びたいところですが、シャワーを浴びる気力と外に出る気力までは無い、もしくは外には出れそうだがシャワーは無理と言う事もあるでしょう。でも、こんな臭いで外に出て散歩したら間違いなくマズいと思うでしょうがジョギングならこれを誤魔化せます

ジョギングしていればどんなに臭くても運動中の汗と思ってくれます。運動してる人が臭いのは当たり前なので臭い事自体が問題になりません。

 

 

3.髪が伸びすぎてひどい

長髪ではなく明らかに長期間手入れをサボってぼさぼさの頭だから外出たら間違いなく目立ってしまうし不潔感があるから散歩だと大変ですがジョギングならこれを誤魔化せます。これの場合はヘアゴムがあると更に良いです

ジョギング中に長い髪をヘアゴムでまとめているのは普通なので女性の場合は特に誤魔化しやすくなります。男性もしてもいいですが、先に書いたPikoやタウン&カントリーのようなサーフ系のTシャツ着てる場合は伸ばしっぱなしの無造作ヘアが逆にファッションだと思われる可能性があります。無造作ヘアは本当に伸ばしっぱなしの訳では無いですが間違える人はたまにいるのでファッションミスに区分される軽いミスになります。これに関しては多少無理な擁護ですね。

 

 

4.目線や手足の動かし方がわからない

動きが挙動不審、目がキョロキョロ、ロボットみたいにカクカクもしくはタコみたいにクネクネ、しばらくこもっていると体の動かし方が分からなくなるので目立ちやすいですがジョギングならこれを誤魔化せます

ジョギングのフォームはそもそもおかしい人が多いし、挙動不審が起きても走り疲れて体が思うように動かせないのかな?と思ってくれます。立ち止まって深呼吸したり胸に手を当てながら歩くのも体勢を整える行為だと思ってくれます。

 

 

5.昔の知り合いに会ったらどうしよう

これがもっとも恐れている事だと思います。どの通りも昔の同級生がいたり、スーパーやコンビニでは同級生やその親が働いているので前を通るのが怖いでしょう。ジョギングならこれを誤魔化せます

ジョギングは歩きより早いので顔を見られる前にその場から逃げ出せます。呼び止められても走るのに集中していて聞こえないふりするのもカンタンです

 

 

 

久々の外出の場合は初回からスーパー等に出かける事も無いだろうし、近所を1周して家に帰る事が普通でしょう。

その場合は普通に歩くよりも上に書いたようにジョギングする方が逆に目立ちません。

危ないので準備運動は必要だし飛ばし過ぎると足を痛めるのでそこだけは注意です。早歩き位のペースでもそれっぽく見えるので初めはそれ位で。

初めは歩くより少し早い程度でも100mでバテるでしょうが、それでも家→隣の通り→家のルートなら100mも走れれば、地域にもよりますが大体1周は出来るだろうし十分だと思います。

 

準備運動した段階で怖くなって辞めても準備運動できただけでも大進歩です。あれも立派な運動です。

 

怪我だけは注意してください。もし怪我してもさすがに当方は責任を負えませんが、僕が久しぶりに外出した時は上記のように考えて実際にジョギング移動は凄く気分が楽だったのでお勧めします

留年しそうでヤバい人に2留大学生が送るアドバイス

1週間何も書いてなかったのに、このブログに朝5時に大量のアクセスがありました

 

これは間違いなく

期末テストの勉強の為に早起きしたけどどう考えても勉強が間に合わない!

単位落としたら留年するかもしれない!

と頭に浮かび、思わずパソコンとかスマホ

留年

留年 ヤバい

留年 2回目

などを検索してこのブログが引っかかったのでは無いでしょうか?

 

 

留年とかテスト前の土壇場は僕は2留大学生で言わばプロなのでアドバイスを書いておきます(こんなプロになりたくなかった)

 

1.とりあえずテストは受けよう

これは絶対です

間に合わないと思って履修放棄したけど後になって問題を見せてもらったら、偶然自分が勉強していた部分が中心だったので、もし受けていれば単位取れていたかもしれない、という事が有りました

 

2.早めに講義室に向かい同級生と話すか聞き耳を立てよう

しっかり勉強している人、友達同士で勉強している人、去年受けた人、過去問を持っている人

上記の人達がそれなりに大きな声で重要ポイントや過去問の問題文と回答を読み合いしてたりするので聞き耳を立てよう。早めに行けば行くほど、ノイズも減るのでよく人の声が聞こえるはず。人の噂とか商売のチャンス、モテる人の立ち振る舞い、職人技、こういう情報は盗み聞き・盗み見が多く、公言しなければ特に問題にならないでしょう。少し下衆ですがテスト中のカンニングでは無いし日常で誰もがやってる事です。

 

3.先生は改心する人にはチャンスを与える

どんな事でもそうですが真面目な人と不真面目な人では扱いに差が出ます

しかし、不真面目な人でも改心をすればチャンスを与えてくれるものです。テストが終わった次の日に教授の部屋に行って「結果どうでしたか?」と聞きに行ってください。不可の場合は「別のテストとかレポートでどうにか出来ないでしょうか?」と言いましょう。意外と救済措置を与えてくれる先生も多いです。

採点結果を取りに行かない人は留年を危惧する人には特に多いでしょうが、僕の場合はこれにより救済措置で何とか「可」を頂けました。

 

4.カンニングは絶対にするな!

僕はした事無いしする気も無かったですが、半期~1年で1回位はどこかの学部でカンニングが見つかって、該当生徒はその期間の単位は全部没収になったと言う張り紙を見ました。中高なら説教で済みますが大学でこれは大変まずいです。

カンニングをすると教授陣に目を付けられるので、通常の講義の単位もそうですが、ゼミや研究室での卒論の条件が厳しくなることが考えられます。教授も当然、人間なので嫌われてしまったら上記した救済措置が無くなったり、普段の質問や実験の相談なども理由をつけて受け付けてくれなくなる事だってありえるので卒業の難易度が格段に上がります。

カンニングするまで堕ちた相手に構うのは時間の無駄だと思われるのは当然です。

カンニングする位ならほぼ白紙で回答用紙を出す方がずっとマシです。ただでさえ留年ギリギリの人は評価が低くなりがちなのに、規則にまで違反するような行為までするのは論外です。

 

まとめると

テストには必ず出て、同級生がいるなら重要ポイントを聞き、いなければ聞き耳を立て、テスト後は結果を聞きに行き、カンニングは絶対にするな

です。

 

先生もわざわざ落としたくはないので上記の事をすれば最低限「可」を貰える確率は上がるはずです。

 

 

それでも留年が心配な方へ

 

周りにはいないかもしれないけどこんなところに2回も留年してる奴がいるぞ!1回の留年くらいならマシです。かつての同級生や先生からは白い目で見られたり、就職も当然ストレートで卒業した人よりは大変だろうけどそれは諦めよう。

2留大学生、久々に登校する

 

ryunen-daigakusei.hatenablog.jp

 この時は頭が真っ白でしたが昨日ようやく教授の所に行って話をしてきました。決心がつかなくて教授の部屋前と廊下とトイレの個室を冗談抜きで1時間近く往復し続けていたので監視カメラには相当不審に映ってたと思います。

どうやら卒論を書けば研究室の単位は頂けるようです。ありがたい事です。後は来週の普通の講義のテストを受けて単位を取れば今期で卒業出来そうです。去年・一昨年の経験からこういう時になると逃げ癖なのか、はたまた病気なのか分かりませんが体調不良でひきこもりだすのは分かっていたので、予めちょくちょく復習をしてテスト直前には最低限の勉強で突破できるようにしておきました。これで何とかなるでしょう。

卒論についてもざっくりとした概要と、実験に使う物の説明みたいな物は既に書いておいたのでギリギリ間に合いそうです。

大学を2週間休んでいる

本当にまずい。こんな記事書いたのに結局行けてない。

 

ryunen-daigakusei.hatenablog.jp

 

2留してるのにまた大学に行けてない。ご飯も食べようと思ってるのに結局2日に1回しか食べれてない。せめて公園に行くとか図書館には行くとかも出来ない。外が怖くてエアコンは付けれないし窓開けるのも夜しか出来なくて部屋が臭くて息苦しい。

去年・一昨年みたいに大学以外には行ける→それすら出来なくなるのパターンだ。

 

とりあえず普通の講義のテストだけは受けてこの単位だけは取ろう。せめてこれ位はしないと前期が全て無駄になってしまう。

2留大学生ですがまたもや大学に行けてない

先週は1度も大学に行けませんでした。また去年・一昨年と同じで急に外が怖くなり、人が怖くなり力が抜けてベッドで寝たきりがほとんど。京アニの放火事件もあり犯人が生活保護の無職だったと報道を見て自分も最悪彼のようになるのではないか?と恐ろしくなり益々委縮。人にもよりますが引きこもり経験者はテレビなどの報道で「無職の○○容疑者が~」みたいな報道を見ると頭がフリーズするのです。先月の引きこもりが殺され・殺しみたいな時は全国の引きこもりは内心凍り付いたと思います。

 

ryunen-daigakusei.hatenablog.jp

 

怒られようが呆れられようがバカにされようが学校に行って、こちらも多少は同情を引いたりやってる感を出したりもう何でもありで何が何でも卒業しようと誓って戻ってきたのですがこの始末。

 

今後について

10日前くらいに3日弱断食をしており、その後も1日500kcal位しか食えない位食欲が無かったのですが今日は無理やり夜にカップ焼きそばにソーセージを食べました。一応買い物して食べ物はあるのですが、この委縮モードだと全然食欲無くて蜂蜜を舐めるか精々オートミールばかりだし、肉なんて凄く獣臭く感じてとても食べられないのですが頑張りました。断食は良い経験でしたが今後は1日3食にジョギングも取り入れて体格を良くする普通の生活をします。元々しょっちゅう牛丼特盛り+カップ麺等を食べてジョギングをしてようやく中学生程度の体つきだったのですが、去年・一昨年の引きこもり以来は食事量が激減して運動もしなくなったので小学生みたいな体になりました。多少でも外見をマシにしたら外出も少しは恐怖が和らぐのではないでしょうか。

 

色々書きましたが明日はさすがに大学に行こうと思います。これを書いただけでもう体が固まりそうになってるが大丈夫だろうか。

京アニの放火事件は作品が作品だけに余計辛くて悲しい

事件のパニックからの逃避でどうでもいい記事を先に投稿してしまいましたが、どうしてもこの事件についての記事は今日中に出したいので投稿しておきます。

headlines.yahoo.co.jp

 

亡くなられた方のご冥福をお祈りしてます

怪我をされた方は少しでも早く治療が進みますように

 

今回の放火殺人事件による犠牲者は個人が行った犯行に限っては今までの日本の殺人事件の中でもトップクラスだ。規模が規模だし、恐らくは東京オリンピックで起こりうるテロ対策等にも繋がる事から、この事件はArson attack(放火事件)としてThe Guardian、BBC、CNN、wsj、人民網等で世界中で取り上げられている。

 

犯人からは犯行動機などを一刻も早く聞き出して裁判にかけられるべきだし、何らかの精神疾患があるのでなければ死刑になるのはほぼ間違いないと思う(死刑制度の功罪については今回は書きません)。しかし、先月の引きこもりの事件でも書きましたが、もし犯人の職業や年齢や特徴が出たりしてもそれに属する層自体を敵視して攻撃するのはダメだと思います。犯人が最悪な事をしたのは間違いないですが、その層自体に罪があるわけでも無いし不用意な攻撃は不用意な怒りの爆発を産みかねません(今回は拡大自殺と言うよりはテロに近いとも思いますが)。

 

ryunen-daigakusei.hatenablog.jp

 

 

放火された「京都アニメーション」は「涼宮ハルヒの憂鬱」や「CLANNAD」の制作で有名な業界でも中心となる会社だ。そして、タイトルにも書いたが作品が作品だけに余計につらいのだ。

僕はあまり漫画やアニメは見なかったが当時はゲームが大好きで、中学生の時にCLANNADをプレイしたことが人生の転機でもあり現状にも繋がっている。最後にプレイしたのは9年前なのに一部はセリフを暗唱できる位には印象に残っている。このCLANNADはゲームかアニメを見た事がある方はご存じだろうがざっくり説明すると

岡崎朋也はスポーツ進学で高校に入学するも怪我をして部活を辞めて以来アイデンティティを失い自堕落な生活を送っていた。父子家庭でもあり父親は負い目からか朋也を他人行儀に扱い、そのヘラヘラとした態度に怒りを覚え家にも居場所は無く悪友とつるむ毎日で将来の事など考えていなかった。ある日、病弱で高校を留年しているヒロイン古河渚と偶然出会い、彼女とその両親、同級生達、そして父親とも向き合い、時間と共に変わりゆく人々や街並みへの漠然とした不安感を悪戦苦闘しつつも乗り越えて最後は等身大の幸せを手に入れる

が概要だ。CLANNADの考察や感想は書かないがこれを頭に置いて今回の事件を考えて見てほしい。

こんな素敵な作品をアニメ化した会社が燃えてしまった、作画をしていたであろう人も亡くなったかもしれない、燃え方からして作品の元データや当時の資料だって燃えたかもしれない。

 

なんて事を犯人はしてくれたんだと言う思いも大きいが、それと同時にこの作品の美しさや感動、人を動かす力みたいな儚いけど綺麗な力と、こんな事をする人がいる現実の巨大な力、犯人だって当たり前だが元々は将来放火を起こすだろうとは思っておらず、もしかしたら朋也みたいに生活していたり、彼に憧れた大勢の若者のように生活していたのかもしれないと言うやるせなさとごちゃ混ぜになり頭が混乱する。

 

火事なんて起きてほしくなかった、怪我だってしたくなかった、犯人すら昔は将来犯罪者になるとは思ってないし楽しくアニメを見ていたかもしれない。この漠然とした不条理に大して「これは何なんだ!何故こうなるんだ!この世界って何なんだ!」は、この事件に限らず大きな衝撃を受けた時に人はこの問いを始めてしまう。

皮肉な事に、これがまさに朋也及びほとんどの人が思春期の頃に向き合った悩みでもあり、理屈では答えられない問いが、理屈では無い火によるエネルギーとして今回はこのような形で表れてしまった。

国とか法律とかそういう物抜きで個々の目の前に出てくる「この不条理な世界は何なのか?」の問いは人生で定期的に表れて引っ掻き回してきますが、これに対する答えを僕はこの年になっても中島敦の「狼疾記」の三造のように逃げに回り1度も用意出来ませんでしたが、皆さんは思春期に一度は用意できたのでしょうか。今回の事件でそれに揺さぶりは起きなかったでしょうか。将来トルストイの「懺悔」に告白されてるようにこの問いに飲まれてしまう不安は無いでしょうか。

 我々人間は人間獣である為に動物的に死を怖れてゐる。所謂いはゆる生活力と云ふものは実は動物力の異名に過ぎない。僕も亦人間獣の一匹である。しかし食色にもいた所を見ると、次第に動物力を失つてゐるであらう。僕の今住んでゐるのは氷のやうにみ渡つた、病的な神経の世界である。僕はゆうべ或売笑婦と一しよに彼女の賃金(!)の話をし、しみじみ「生きる為に生きてゐる」我々人間の哀れさを感じた。

青空文庫 或旧友へ送る手記 芥川龍之介 より引用

 

【悪用厳禁】罪悪感を利用して自由意思で物事を選んだように錯覚させる方法

この技使ってる人結構いると思うから要注意

現実でも創作でもそうだけど「あなたは自由だ」「自由は素晴らしい」と言う言葉は虚空蔵求聞持法でもやってるか如くに繰り替えされてる言葉だが本当に自由なのか?どこまで行っても自由なオープンワールドゲーム!みたいな売り文句なのに、一定まで行ったら壁が有ったりイベント進むまで行けない場所があるのと同じような感じだと思う。

身近な例で言ったら「朝に先生が部屋に入ってきたら咄嗟に立ち上がって挨拶する」とかそうだと思う。別に無理に挨拶とかしなくてもいいよ(ただしクズ扱いされるけど)と言う裏のルールの下で自由は存在していて、結局の所誰もがやっていて自分もやらないと印象が悪くなってしまうのでやらざるを得ない。

正にタイトル通りの方法だと思う。あまり意識したことは無いと思うし、この行為は自発的に行った事で誘導では無いと自分でも錯覚してる人も多いと思う(そもそも何で先生に限らず年配の方が来たら恭しくするのかは儒教が云々とか言われてるが実際の所はヘゲモニーによるものだと思うけど)。

話を戻すとあなたは自由だ!と言う背景の裏でこっそり誘導してるのに自由意思で選んだように錯覚させる技はかなり凶悪な洗脳術だと思うし実際これを悪用してる人はいるだろう。

例えばあなたは自分の親に「なんでも好きなお菓子買っていいよ」とスーパーで言われて以下のような事をされた事はないだろうか?もしくは似たような光景を見た事は無いだろうか?

あなたは200円のチョコレートをカゴに入れようとすると急に親が無言になった。何かあったの?と言っても返事をしない。そうすると、あなたは自分の持ってきたチョコレートが悪いのだと思い、これを戻して100円のチョコレートを持って行くと親はニッコリ笑ってレジに行った。

ここでの親はただ無言になるだけで何もしてない(行動してない)のだが、これに対して子供側は何もしてない事に対して何かを自発的に察して別の行動を始めるのがポイントだ。ここで「200円なんて高いでしょ!」と言われたなら(親が文句言ってきたから安いのにするか…)と親のせいに出来るし100円の物にしてもらいたいのは親だから実際親のせいである。しかし、繰り返して書くが親は無言で何もしていないのに子供は何もしていない事に対して何かを察して親が望んだとおりに行動してしまう。

そして、子供自身も僕は100円のチョコレートを自分で選んだんだ!と思ってしまう。なぜなら何度でも書くが親は何もしていないからだ。

もう分かっていただけたと思うが、無言で黙る事は相手に罪悪感をもたらすので自分が望む行動を起こすまで自発的に行動を変えてくれる作用があるし、あくまで自発的にやった事なのだから後から問題が起きてもこっちは知らんぷりすら出来る

これが通用するのは子供のような弱い存在、及び人目を気にしすぎるタイプ等限られてるが、この技を使って子育てされたらその子供は自立心も弱く他人に操られやすくなるし、他にも恋人同士の場合で一方が特に相手に対して情が深い場合等は危ない。世間でいう結婚詐欺する人とか何股もかけて貢がせるようなタイプはこの技を使ってると思いますよ。